上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからのドル円は?←ここ

★ドル円★
5週線(114.83)を上抜けた先週の引け値。現在は割り込んで推移しています。当面これを今週末に維持出来るかが一つのポイントと考えられます。
直近ベースでの下値抵抗は先週安値の113.98円。これを割り込めば一気の円高加速の可能性を秘めていますので注意すべきポイント。
本日の注目点は23:00の米国中古住宅販売件数。市場予想は既に悪化もこれをも下回る結果となればドル売りに拍車の可能性もあり。

★ユーロ円★
週足では2週戻しの展開も25週線(162.63)で打ち返されています。下値抵抗ポイントは現在割り込んでいますが13週線(161.63)・5週線(159.56)。
今朝日足ストキャストは売り転換。75日線(162.50)・100日線(162.69)の重なる上値抵抗に押し返されました。13日線(160.06)に下値抵抗。現状では日足からの調整と考えます。

★ポンド円★
完全なもみ合い相場。引けでの下値抵抗は75週線(228.27)。過去6週間はザラ場で割り込むも引けでは維持。引値で割り込む展開は222円台の可能性があり。

★概況★
本日はポンドに悪材料。ポンド円での下落がクロス円を押し下げています。サブプライム問題を材料にしている模様も飽きがきているのも事実です。本日は指標発表にのみ注意です。

★まとめ★
冷静に考えれば円高の要素は何でしょうか?米国景気悪化=日本も悪化。日銀の考えている金利引き上げ要素は私には理解出来ません。面子で金利操作?考えても仕方がありませんが現時点で買えるクロス円はありません。経済指標結果次第での飛び乗り飛び降りです。

お勧め為替ブログ
スポンサーサイト

【2007/09/25 20:48】 | 未分類
トラックバック(0) |

「TCSアフィリエイト」のご案内
TCSアフィリエイト
コメント欄をお借りしてのご案内をお許し下さい。
TCSアフィリエイトの角河秀樹と申します。
為替ブログ村から、失礼させて頂きました。

「TCSアフィリエイト」は「金融系アフィリ」として運営しております。
口コミにより「金融系」のアフィリエイトサービスとして、人気が出てきております。
人気が出ている理由の一つはポイント制度です。
http://www.tcs-asp.net/qanda.jsp#P22
(ポイント制度の詳細)

是非、この機会に「TCSアフィリエイト」をご活用下さい。

パートナーの御登録は「TCSアフィリエイト」のホームページ
http://www.tcs-asp.net/
から御登録下さい。

特典いっぱいの「金融系アフィリ・TCSアフィリエイト」を宜しくお願いいたします。

ご案内が重複していましたらお詫び申し上げます。

TCSアフィリエイト事業部
角河 秀樹




こんばんは
fx_zzz様こんばんは。あおしです。
お体の調子はいかがでしょうか?
私も仕事のしすぎでストレスと過労で体の一部が壊れかけています。。。

また、時間のあるときでいいのでよろしくお願いします。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
これからのドル円は?←ここ

★概況★
サブプライム問題の波及がヨーロッパにも広まり突発的な報道に右往左往する展開が収まってはいません。然しながら少しずつですが影響が薄まっているようにも見受けられます。米国株式市場の動向からの影響は依然残っていますが時間が解決するしかありません。来週はFOMCですが0.25%は織り込み済みです。どの様な結果になりうるかは想像出来ません。

★ドル円★
月曜日の安値112.60円を割り込む事なく上昇しています。115円台乗せは驚く事ではなく戻りがあっても当然です。先週末はかなりの円高警戒感がありそれを裏切る様に円安方向となりました。同じ考えが多くなれば良くある事です。115円台に乗せたからといって安心出来る状況では無い事は当然です。

★テクニカル★
最重要ポイントである 25日線(115.35円) に上値がぶつかってきました。25日線は7月10日引け値で割り込んでから一度も抜ける事無く押し返された上値抵抗。短期的なポイントですが116円台に行く為には引値で抜けなければならない重要ポイントです。

週足からの上値抵抗は 5週線(114.94円) にあります。円安継続になる為には引値で抜けるかの見極めとなります。

★トレード★
現時点で変更なく30分でのトレード継続です。

お勧め為替ブログ

【2007/09/14 18:36】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
これからのドル円は?←ここ

当面の下値メドは昨日の安値である 112.60円 前後となります。これを割り込めば当然ながら先の 111円台 が下値として考えられますがそこまで下がればそれ以下になる事も想定する必要があります。

現状では昨日114円台に乗せる場面もありましたが重要なのは引け値。8月29日安値 113.85円 が上値として存在しています。これを上回り 114円台 に乗せればパターンに変化もありますがそれでも現時点では単純な戻りと考えなければなりません。

株式市場の動向やコメントに振り回される状況であるとの認識が必要である以上は持つリスクが増大。短期的なトレード以外での参加には注意する事です。16時にクロス円が急落する場面がありました。中国に利上げの噂で投げが出たようです。

★トレード方法★
飽くまでもロスカット可能な方のみの参戦。30分ストキャスティックスでのみ。売り・買い共に。

お勧め為替ブログ

【2007/09/11 16:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
これからのドル円は?←ここ

雇用統計のマイナスの結果を受けドル円は円高に傾斜しました。予想数字よりも悪化するとは思っていましたがまさかのマイナス。株式市場も200ドル以上のマイナスとなりドル売り。

懸念していた25日線を抜く事が出来ずに戻り完了となってしまいました。先の8月29日113.84円を割り込んだ事から2番底とはならずに113円前半まで現在は円高になっています。

ドル円が戻りに入る為の考えられる条件は一つしか考えられません。米国の利下げです。FOMCでは利下げが行われるでしょうがインパクトがあるのは直近での緊急利下げです。FOMCまで待てば期待は織り込まれるでしょうし円高が加速する可能性が高まります。

パターンとしては利下げ→株式市場上昇→ドル高。然しこのドル高も本格的なドル買いというよりも今回と同様な戻り(半値戻しは全値戻し)の可能性があります。

4時過ぎですがNYダウは250ドル以上安くなっています。現時点ではコメントらしくものは出ていません。来週早々にも株式市場の状況から利下げを期待したいものですが・・・

★下値抵抗★
特に抵抗となるものはありません。前回111円台が大まかな下値ですが割り込む事も想定。そうなれば109・108円台の可能性も出てきます。

お勧め為替ブログ

【2007/09/08 04:10】 | 未分類
トラックバック(0) |
これからのドル円は?←ここ

★ドル円★
6時間上値抵抗を抜けたドル円でしたが8時間上値抵抗が鬼門となり押し返され円高方向。この116円台中盤には25日線・時間足抵抗が集中しておりかなりエネルギーがいる状況です。現在は1時間を重視してのトレードに変更はありません。

★ポンド円★
ポイントは日足25日線です。引値で抜くかが重要となります。下値抵抗は13日線(231.99)にあり割り込んで引ければ一気の円高となり注意。1時間の短期トレードで対応。17時で買い転換。

★クロス円★
25日線が上値抵抗。1時間での短期トレードで対応ですが総じて17時で買い転換。




お勧め為替ブログ

【2007/09/05 17:39】 | 未分類
トラックバック(0) |

TCSアフィリエイト
TCSアフィリエイト
コメント欄をお借りしてのご案内をお許し下さい。
TCSアフィリエイトの角河秀樹と申します。
JRANKBRGの為替人気ブログランキングから失礼させて頂きました。

この度、TCSアフィリエイトでは、アフィリエイター様から御好評を頂いてる、外税による報酬の御支払いに加えて、新たにポイント制度の導入を致しました。

ポイント制度の詳しい内容は
「TCSアフィリエイト」のホームページ
http://www.tcs-asp.net/
を御覧ください。

アフィリエイター様に喜んで頂けるサービスを提供する。
「TCSアフィリエイト」を宜しくお願いいたします。

ご案内が重複していましたらお詫び申し上げます。

TCSアフィリエイト事業部
角河 秀樹



コメントを閉じる▲
これからのドル円は?←ここ

3時更新で6時間上値抵抗115.82を久々に抜いて引けました。これを下値として維持出来るかがポイントとなります。次の上値抵抗は6時間116.54・8時間116.51・日足25日線116.71となります。50銭近辺の抵抗を意識する展開です。

★トレード方法★
1時間を重視しての短期で対応。8時間が1時で上昇転換となりこれが下降まではこの方法でのトレードです。然しながら本日のように突発的な噂などでまだまだ売られ易い状況ですからMRには気を付けなければなりません。

★クロス円の抵抗★
ユーロ円  8時間158.68・159.92
      6時間158.74
      日足25日線158.95

ポンド円  8時間下降継続中234.16
      6時間234.27
      日足25日線234.76

豪円    8時間96.36
      6時間96.45
      日足25日線96.79

★まとめ★
クロス円は25日線が鬼門となっています。時間抵抗も重要ですが短いものより長いものを重視。25日線を引け値ベースで抜く事で次の上昇が見えてきます。各通貨共に25日線を意識するようにして下さい。8時間上昇時には分散しての短期トレードで対応して下さい。




お勧め為替ブログ

【2007/09/05 05:15】 | 未分類
トラックバック(0) |

敬愛なるfxzzz.様
QUEENの主です
敬愛なるfxzzz.様

私はまだまだ為替バカ。

運がよかったトレードで生きてます。

もっと勉強しよっと

コメントを閉じる▲
これからのドル円は?←ここ

15時で6時間は更新となりました。重要視している6時間上値抵抗(115.87)は抜く事が出来ずに押し返され円高方向になっています。今後も6時間上値抵抗は重視していきます。

23:00には米国ISMの発表があります。指標的には重要ですが16時以降の円高には株式市場の下落及び独のある銀行の損失の噂が流れた事から円高となったようです。


お勧め為替ブログ

【2007/09/04 19:06】 | 未分類
トラックバック(0) |
これからのドル円は?←ここ

6時間ストキャスティックスが9時に更新しました。結果的には上値抵抗115.91円に押し返され引け更新しています。下値抵抗115.60との小さな幅で推移。ストキャスティックスも下降継続しています。次の更新は15時ですがその時点でどちらかに抜けている可能性があり注意です。

直近の時間帯でのポイントは豪GDP(10;30)の発表。前回よりも悪化予想ですが結果次第では大きく動きクロス円が連動する事も考慮が必要。

日経平均は100円安前後での推移。材料難から動きにくい展開で前場が始まっています。

お勧め為替ブログ

【2007/09/04 09:37】 | 為替=月足
トラックバック(0) |
これからのドル円は?←ここ

NY市場が休場の為に閑散とした動きに。6時間上値抵抗は下落を続けており現在115.95円。7月から押し戻される展開に終止符が打たれるのかに注目しています。

6・8時間共に下降継続しており次の更新は9時。どちらにしても6時間抵抗を引け値ベースで抜くかがポイント。

★クロス円★
ユーロ円・ポンド円・豪円など共通点は日足25日線が上値抵抗となっている事です。各通貨の上値抵抗には注意。下値抵抗も共通しており13日線。






お勧め為替ブログ

【2007/09/04 04:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
これからのドル円は?←ここ

重視している4時間は13時更新で僅かながら下降継続。115.95に上値抵抗があります。

1時間は12時で買い転換となり下値抵抗115.78を確り維持。上値抵抗は115.96まで下降。これを1時間引け値ベースで抜くかが注目されます。

日経平均は13:30現在91円安で推移。前場10時前にはプラスになる場面もありましたがその後は反落し100円安前後。

本日はNY市場がレーバーデーで休場。ドル円は6時間上値抵抗が最重要ポイントである事に変更はありません。短期的なトレードのみで対応する事になります。




お勧め為替ブログ

【2007/09/03 13:41】 | その他コメント
トラックバック(0) |
これからのドル円は?←ここ

結果的には先に指摘していた6時間上値抵抗(下落中)を引け値ベースで抜く事が出来ずに円高方向となりました。これからも6時間上値抵抗には注意する必要があります。現在は116.18(3日・2:00)まで下降しています。

現時点で下値抵抗はあまり意味を成さないのですがポイントになるのは115.45近辺。その後は115.25近辺となります。

ドル円の方向をどの様になるかを現時点ではあまり考えない事が賢明のようです。時間足ストキャストを見てみると金曜日21時で上値抵抗を抜けずに6時間が売り転換となり円高方向に加速。

★トレード方法★
時間足を重視したものとなります。基本を6・8時間におけば転換時点でのトレードが確率高くなります。仮に1時間のみでトレードをする場合には暇な時間が必要です。ポジションの持ち方としては数段階に分けてポジションを持つ必要がありMRをかなり意識しなければなりません。
8月17日以後から確率高いストキャストは4・6.8時間となっています。4時間を例に挙げてみます。
8月17日   113.55   買い
8月20日   114.48   売り

8月21日   115.11   買い
8月21日   114.28   売り

8月22日   114.85   買い
8月23日   115.81   売り

8月24日   116.38   買い
8月27日   116.14   売り

8月29日   114.27   買い
8月30日   115.77   売り

8月30日   115.81   買い
8月31日   116.20   売り

上記のようになります。損失がでる場合がありますが機械的に判断して受け入れる事です。然しながら1時間等の転換や先の6時間上値抵抗を意識していれば損失は免れます。ここからはアレンジの問題であり組み合わせ方です。

明日からは上記抵抗と4時間と1時間の組み合わせでの短期トレードでの対応が確率高いトレード方法と考えます。




お勧め為替ブログ

【2007/09/03 02:21】 | 現在のポジション
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。